Category | 輸入車 |

メルセデス Vクラス DVD+DTV+リアヘッドレストモニター

08/03/2018 5:59 PM

合間合間での作業となり時間が掛かってしまいましたが、ようやくお引き渡しできる状態となりました。

2018-03-01 13.39.02 2018-03-01 13.38.22 2018-03-01 13.38.05

お客様ご指定のシステムとなりますが、これが一番使い勝手の良い組み合わせな様な気がします。

センターコンソール内に1DINのDVDデッキ(ほんとはチェンジャーが良かったのですが、、、廃番で)を

埋め込み。 地デジチューナーとオートセレクターは助手席下のスペースへ。 リアのヘッドレスト

モニターはカロのツインモニターを取り付け。 コーディングで外部入力を増設して完成となります。

 

 

 

R56 MINI ユピテル エンジンスターター装着完了  

20/01/2018 5:31 PM

GT-Rに続いてはBMW MINIのR56モデルにリモコンエンジンスターターの取付です。

E系のBMWと同じFortinのEVO-ALLと今では廃盤のINT-BMWモジュールを使用してのユピテル最上位モデル

VE-E9910stの取付ですが、BMWは個体差が大きくハマると大変なので事前の配線作成は非常に重要です。

2018-01-17 09.02.08 2018-01-17 09.02.34

ほぼ完璧な状態で仕上げて取付に挑みましたが、ライドアンドゴーの動作やスリープ後の始動の不安定さをクリアするのに結局お預かり予定の日程

一杯まで掛かってしまいました。

それでも、、まぁ無事抜群の飛距離を誇るエンスタをRide&Go可能な状態でお渡しすることができて何よりでした。

2018-01-17 09.02.18

 

BMW そろそろエンジンスターターを、、、F11 5シリーズ

28/08/2017 7:20 AM

もう2年目なので、今年の冬は朝の出勤時を快適に過ごしたいもの。 プロスジャパンさんのスターターモジュールを用意して、

いざエンジンスターターの装着にとりかかります。

2017-08-28 06.09.18

すでにスペアキーは用意して3本体制になっていたので、1本をエンスタ用に分解してイモビアダプターの中に基盤だけ収めて

あります。

スターターはユピテルを使う予定でしたが、RIDEandGOの機能をフル活用したいので昔X1 (E84)で使用したcrime stopperのエンスタ

を使うことにして準備、、、できるだけコンパクトに、、、配線ゴチャゴチャはイヤなので。

 

と、ここで時間切れの為続きはまた時間が取れたら。

 

BMW F11 Bang&Olufsen retrofit complete!! バング&オルフセン 換装 

07/08/2017 12:26 PM

長々早朝の時間帯に少しづつ進めてきましたF11の純正オーディオシステムの入れ替え ハーマン・カードン→バング&オルフセン への

レトロフィット計画がようやく完成しました。

2017-08-07 07.55.00 2017-08-07 07.54.36

アクティブサウンドデザイン(ASD)のコネクターとハンズフリーマイクの入荷に時間が掛かりましたが、結局はE-SYSによる

コーディング作業に大半の時間を費やす結果となりました。

2017-08-07 12.01.09

海外フォーラムからの情報収集でもbang&olufsenへのレトロフィット事例は見つからなかったものの、世界の猛者たちの寄せ集めの

情報から何とか成功へとたどり着きました。 細かなサウンドセッティングはお盆休みに楽しみたいと思います。

ちなみに、、、システム構築の際に作成したwiring diagram(配線図)はこんな感じです。 一部ピン番号等変更した箇所はあります

が、大凡この通りです。

 

B&O

 

 

BMW F11/F10 ハーマンカードン→バング&オルフセン レトロフィット始動

07/07/2017 9:30 AM

そろそろ2年になるF11ですが、harman/kardonの音の限界を感じ温めてきたレトロフィット計画を始動しました。

少し前にすでに海外より届いていたF10のbang&olufsenフルセットを一気にはとても取り付けしてる時間がないので、

ちょっとづつ進めていきます。

まずは一番目につくところから、、、

2017-07-04 16.10.38 2017-07-03 11.26.02 2017-07-03 08.17.14

ちなみにハーマンカードンのセンタースピーカーをマウントする穴はそのままでは使用できませんので、超音波カッターで少しづつ

切り開いてスペースを広げていきます。

ビス穴はすでに用意されているので、ブラケット本体がハマってしまえばあとは問題なく取り付け完了です。(配線はまだあとですが、、)

ドアのツィーターの配線は(他全てのツィーターも)バング&オルフセンのシステムだと流用は不可の為、新規でリアから引き直しと

なりますので、とりあえず時間の掛かりそうなスピーカー線の引き回し、特にドアの中に通す部分をクリアしておきます。

残りはリアのアンプとASD(アクティブサウンドデザイン)の設置と配線の新規作成、音響測定用マイクの取り付けなどなど、、、先

は長そうです。

2017-07-07 18.09.31

 

PAGE TOP